2021年現地校通学〜長期留学をご検討の方

無事帰国しました

春のプランで参加していた短期留学生や昨年から参加していた留学生たちは昨今の事情も鑑みて、少し予定を早めて日本に帰国しました。

予定ではこの日がカンタス航空から日本に向けて飛ぶ最後の便ということで、機内は混雑していたようです。出てくるCAさんも全員マスクを着用していました。中にはサーフボード持って来日したOGもいました。観光???

ひとまず無事の帰国、安心しました。まずはゆっくりと体を休めてください。

一方、オーストラリアの様子です。(現地スタッフのコメントです。)

  • 近所のスーパーマーケット。アデレード近郊には野菜、フルーツなど農場が多いので新鮮な野菜やフルーツなど沢山あります。トイレットペーパーやパスタ、米など保存の効く食品が買う人が多いので品薄です。こういった商品は帰る数量の上限(トイレットペーパー1パック、パスタ2袋など)が決まっています。店内に入る前には消毒液で手やショッピングバスケットを拭くことが義務づけられ、袋に入っていない野菜を取るときも素手でさわらないようしています。チェックアウトで並ぶときも1.5メートル以上あけるように。。オーストラリアから見ていると日本の方達はかなり楽観視している人が多いように感じられます。。気をつけましょう!

現地の指摘は当社も確かに感じています。日本は感染人数が少ないのでなく、感染数を確認するための検査のキャパシティや受け入れの間口が少ないからではないか?海外の情報を収集していると検査の受け入れ体制や検査人数の違いを知り、感染者はもっと多くいるように感じています。早く収束するためにも一人一人の注意が今は大切です。

<参考>

オーストラリア年齢別感染者(3/29時点)

アメリカ カリフォルニア州年齢別の感染人数データ(カリフォルニア州感染症センターウェブサイト

若い人にも多くの感染が確認されています。

オーストラリアの新型コロナウィルスの現状はこちらをご覧ください。

<<関連記事>>

オーストラリア留学〜新型コロナウイルスの影響について