ピータースミス・テニスアカデミー担当者来日〜個別留学相談会開催

プログラム

フルタイムプログラム

午前、午後に行われるグループレッスン2セッションとプライベートレッスン(週1時間、長期テニス留学は隔週で1時間)の最も人気のあるプログラムの一つです。基本的に月曜日から金曜日の週5日行われます。

せっかく海外へテニス留学しても、沢山ボールを打つだけのドリル練習では良い技術やフットワーク、戦術面は身に付きません。

ピータースミス・テニスアカデミーのプログラムにはピーターもしくはルークによるプライベートレッスンが含まれています。それぞれの技術的な改善点を見つけ、それを丁寧に説明します。各々の課題を意識してもらった上でグループレッスンや自主練習を行なうことが上達のポイントなのです。このプライベートレッスンには英語に慣れるまでは日本人コーチが説明を通訳し、レッスン後に正しく理解できているかの反復を行ないます。

小学生や中学生、高校生では春休みや夏休みなどを利用して、2〜4週間の参加者が多くいます。

低年齢や初めての海外でも航空会社の引率サポートサービスを受けられます。空港には日本人スタッフがお出迎えし、滞在中も困った時にはいつでもサポートが受けられます。

高校を卒業してから半年〜1年の長期テニス留学、また大学を休学して参加する留学生もいます。自分のテニス技術を高めるため、ピーター・スミスアカデミーメソッドを学ぶためテニスコーチの方もいらっしゃいます。

規定のレッスン以外でもヒッティング練習、ゲーム形式練習、ジムやプールを利用したり、それぞれの目標に合わせてトーレニングを組み立てることができます。

詳細を知りたい方は  

問い合わせ資料請求

パートタイムプログラム(英語学校プログラム)

午前または午後(もしくは夕方)に行われるグループレッスン1セッションとプライベートレッスン(週1時間、長期テニス留学は隔週で1時間)が基本のプログラムです。月曜日から金曜日の週5日行われます。

英語学校に通いながらまたはワーキングホリデーなどで別の時間を過ごしながらテニスを学ぶプログラムです。 ピータースミス・テニスアカデミーはアデレードの街の中心部にあるため、歩いて通える範囲に英語学校いくつかあります。目的にあわせた英語学校に通い、午後または放課後にピーター・スミステニスアカデミーのプログラムに参加します。

こちらのプログラムにもピーターもしくはルークによるプライベートレッスンが含まれていますし、空き時間でヒッティング練習、ゲーム形式練習、ジムやプールを利用することができます。

春休みや夏休みを利用する中学生、高校生、大学を1年休学してしっかり英語を学びにくる方もいます。またオーストラリアの大学に入るための準備コースに入る方もいます。

詳細を知りたい方は  

問い合わせ資料請求

ハイスクールプログラム

現地の高校に通学しながらテニスを学ぶ留学プログラムです。(単身での留学は中2から可能)
1ターム(10週間)の体験プログラムから現地で高校を卒業する卒業プログラムまであります。

南オーストラリア州政府教育省は海外からの留学生を積極的に受け入れていて、アデレード 市内および近郊の高校では世界中から集まった多くの留学生が学んでいます。 現地では留学生の安全が重視されていて、教育省では24時間緊急連絡先も提供しています。 日常的なサポートでは、留学生が学校とホームステイ先で安全で楽しい留学生活を過ごすことはもちろん、留学生と地元の生徒双方が異なる文化体験を通してグローバル市民になることも考慮されています。 ピータースミス・テニスアカデミーでも、学校面を専門にサポートする現地日本人スタッフを配置し、よりスムーズにオーストラリアでの学校生活を送れるように、また進学のための準備についてもお手伝いしています。 アデレードの教育水準は高く、個を大事にするオーストラリアの指導方針は生徒の将来に大きく役立つはずです。

アデレードでは、Marryatville High SchoolとHenley High Schoolで授業の一環としてテニスプログラムがあり、テニスと学業を両立させるためのサポート体制も整っています。 テニスプログラムでは基本的に週2回の実技クラス、1回の教室でのクラスがあります。 両校ともテニスは州および国のトップレベルにあり、全国大会でも活躍しています。 プログラムの卒業生のほとんどが日本、オーストラリア、アメリカの大学に進学しますが、卒業後の選択肢が多いのもこのプログラムのメリットです。

アメリカの大学進学に関しては、オーストラリアの高校卒業後に全額スカラシップによるテニス留学を実現できる可能性もあり、実際に現在アメリカの大学で活躍しているピータースミス・テニスアカデミー卒業生もいます。

詳細を知りたい方は  

問い合わせ資料請求

これまでご紹介したプログラムの他にも、参加される方の技量や年齢、目的に合ったトレーニング内容を事前に相談しプログラムをアレンジすることも可能です。

例えばこんなアレンジは?

テニスを始めて間もない、小学校の低学年の為フィジカル的に長時間の練習は厳しいのでプライベートレッスンやヒッティングパートナーとの練習、球出しを多くした内容にしたい。


シニアの上級者でテニス大会で上位を目指すため新しい武器が欲しいのでプライベートレッスン今出来ない技術や戦術を身につけたい。またせっかくの海外旅行なので観光も楽しみたい。


ITFのジュニアツアー、プロツアーの間にアカデミーで調整練習をしたい。プライベートレッスンを受け、また同レベルの選手との練習や練習試合をアレンジして欲しい。


フィジカル面を強化したいのでジムのフィジカルトレーナーにのプライベートセッションを受け、またメニューも作成して欲しい。